おすすめアートメイククリニック

アートメイクを自然にみせる方法は?おすすめの技法を紹介

アートメイクをしようと考えている人のなかには、不自然な見た目にならないか心配になっている人もいるのではないでしょうか?せっかくアートメイクを入れるのなら、他人にバレないような自然な見た目になりたいですよね。この記事では、自然なアートメイクを実現する方法とポイントについて紹介します。自然なアートメイクにする方法を探している人はぜひ参考にしてみてください。

アートメイクは自然にみえる?

アートメイクで気をつけたいのが、メイクのときは映えるけれど、すっぴんだと浮いてしまうことです。特に、アートメイクの中でも、目立ちやすいのが眉のアートメイクです。アートメイクの技法や施術者の技術が未熟だと、眉が浮いてみえることがあり、「いかにもアートメイクをした」という雰囲気になってしまうも。

皮膚に色素を入れるアートメイクは、数年かけて薄くなっていくものですが、簡単には消えるものではありません。アートメイクの技法や受ける場所を選ばないと、あとで後悔してしまうことがあります。自然にみえるアートメイクを希望するのなら、自分に合った方法を選ぶことが大切になります。

自然にみえる眉のアートメイク技法

アートメイクを受けるなかで、自然な眉になりたいときにおすすめなのが、3D技法や4D技法です。ひと昔前までは、眉全体を塗りつぶす方法(グラデーション法といいます)が主流でしたが、眉が浮いてしまうなどのデメリットがありました。

最新のアートメイクである3D技法や4D技法は、手彫りによって1本1本眉への、毛並み(ストローク)を描いていきます。そのため、アートメイクを施したときに、自然な眉を演出することが可能です。

アートメイクの3D技法と4D技法の違いには、以下のものがあります。

3D技法について

眉の毛並みを1本1本描いていくアートメイクの方法です。自然な毛並みを演出できるので、ナチュラルな仕上がりになります。

4D技法について

3D技法にグラ―デーション法を組み合わせていく方法です。1本1本眉を描いた後に、すき間をふんわりと塗りつぶしていきます。眉の形が一部欠けている人におすすめ。

アートメイクの流れ

自然なアートメイクを実現するには、施術内容だけでなく過程も大切になります。ここでは、アートメイクの具体的な流れと、自然な仕上がりにするためのポイントを紹介します。

STEP1 カウンセリング

お顔の輪郭やアートメイクを行う部位の左右差がないかを確認します。

※クリニックの場合、医師による肌の状態チェックがあります。

STEP2 デザインの決定

理想のイメージを元にアートメイクのデザインを決めます。自然な雰囲気にしたい場合は、カラーやグラデーションも工夫可能です。

STEP3 施術スタート

デザインが決定したら、いよいよアートメイクの施術です。お客様の要望を元に合わせた技法で施術を行います。

※クリニックでアートメイクを受ける場合、麻酔を使うので、施術中の痛みを和らげることができます。

STEP4 仕上がりの確認

当日の施術を終えたら、鏡で仕上がりをチェックします。

(ほとんどのアートメイクは数回の施術が必要になります。)

アートメイクを受けるときの注意点

アートメイクを受けた人の中には、「自然な仕上がりを希望したのに、思ったものと違う」と感じることもあるかもしれません。ここでは、アートメイクを受けるときに知っておきたいポイントについて挙げていきます。

施術当日は色が濃い目に出る

アートメイクを受けた人で多いのが、施術直後に濃くみえることがあります。これは、施術直後の肌が炎症を起こして赤く腫れるためです。施術直後のアートメイクは、やや自然さに欠けますが、数日で戻るので安心してください。

アートメイク施術後の過ごし方も大切

アートメイク施術でできた肌のキズは、やがてカサブタとなり自然に剥がれます。自分でカサブタを取るのはやめましょう。アートメイクにまだらできて、不自然な見た目になることがあります。

施術は2回以上受けよう

基本的にアートメイクは1回の施術ではなく、2回以上の施術が必要になることがほとんどです。皮膚の薄い部分に色素を入れるため、真皮に入った色素が色合いに影響するためです。より自然な仕上がりにするのなら、アートメイクを数回受けるのがおすすめです。

リタッチでメンテナンス

アートメイクは、肌の新陳代謝とともに少しずつ薄くなっていきます。自然なアートメイクを保つには、再施術(リタッチ)を受けることが大切です。アートメイクの色が薄くなったら、リタッチを検討してみましょう。

自然なアートメイクはクリニックがおすすめ

3D技法や4D技法のようなテクニックを要するアートメイクを受けるのなら、クリニックがおすすめです。アートメイクをクリニックで受けるベき理由は、医療資格の持つスタッフが施術を担当するからです。

アートメイクで皮膚に色素を入れるには、専用の針を使う医療行為です。そのため、サロンなど医療機関以外の施設で行なうアートメイクは、違法行為となります。クリニック以外で行うアートメイクでは、十分なアフターフォローや衛生管理がされておらず、後でトラブルに発展するケースも。

特に、3D技法や4D技法のように手の込んだ技術であるほど、施術時間も長くなるので、体の負担もかかります。クリニックなら麻酔を使用できるので、アートメイクの施術も快適に受けることができるでしょう。

まとめ

アートメイクを受けるとき、自然な仕上がりにするのなら、3D技法や4D技法を選ぶのがおすすめです。これらの技法はテクニックが必要であるため、医療機関で受けると安心です。