おすすめアートメイククリニック

アートメイクの3Dと4Dの違いはなに?各技法の特徴と注意点を解説

素顔をより美しく際立たせる効果のあるアートメイク。眉のアートメイクを検討している人の中には、どの技法で施術を受けようか迷っている人もいるのではないでしょうか?この記事では、眉のアートメイクの3Dや4D、そのほかの技法の特徴や料金の目安について紹介します。

眉のアートメイクの種類

眉のアートメイクの技法にはいくつかあり、それぞれ仕上がりに違いがあります。細かいテイストにこだわりたい人は、それぞれの技法を理解して自分に合った技法を選ぶことが大切です。

特に近年、眉のアートメイクの施術で人気を集めているのが、3Dや4Dと呼ばれる技法です。アートメイクの3D技法と4D技法を知るうえで、まず理解したいのが眉のアートメイクの種類。眉のアートメイクには大きく分けて3つの種類があります

  • グラデーション技法
  • 3D技法
  • 4D技法

アートメイクのグラデーション技法について

画像引用元:ナチュラルアートメイク東京
眉全体に色素を入れていく方法で、眉頭から眉尻まで自然なグラデーションをつけていきます。サロンやクリニックによっては「化粧眉法」「2D技法」とも呼ばれることもあります。

グラデーション技法では、眉のメイクをしたように、パウダーを載せたようなふんわりとした仕上がりになるのが特徴です。ふわっとした柔らかい雰囲気の眉にしたい人におすすめの技法です。

グラデーション技法の注意点

眉全体を塗りつぶすため、メイクしている時の顔には映えますが、すっぴんだと眉が浮いたように見えることがあります。そのため、普段からお化粧をあまりしない人は、柔らかめの色を選ぶなどの工夫が必要です。

また、アートメイクのグラデーション技法では、自然な色合いの変化を作っていくため、施術する人のテクニックによって仕上がりが左右されます。技術のないスタッフが施術をすると、不自然な仕上がりになることもあるので注意しましょう。

アートメイクの3D技法について

手彫りによって、眉を1本1本描いていく方法です。眉毛の毛並み(ストローク)が再現できるので、仕上がりがナチュラルな印象になります。

アートメイクの3D技法は、施術直後も違和感が少ないのが特徴です。生まれつきの眉が薄い人や、眉の一部分が欠けている人など、がっつりとしたアートメイクの希望のない人にも、おすすめです。

3D技法の注意点

より自然な印象を作り出すの効果的なアートメイクの3D技法ですが、デメリットもあります。3D技法は手彫りで1本1本眉の毛を描いていくため、施術時間が長くなる傾向があります。

また、どのタイプのアートメイクに言えることですが、皮膚の新陳代謝とともに、だんだんと薄くなっていきます。特に、3D技法では、年月の経過とともに、毛並みがまだら状になってしまうこともあるので、数年おきのメンテナンスが必須になります。

アートメイクの4技法について

グラデーション技法と3D技法の2つを組み合わせた方法です。両方の技法のメリットを生かせるという特徴があります。

4D技法では、最初に3D技法で眉の毛並みを描き、次にグラデーション技法ですき間に色を入れていきます。そのため、4D技法による眉のアートメイクは、ナチュラルでありつつ立体感のある眉に仕上げることができます。

グラデーション技法も行う4D技法は、すき間の塗りつぶしを行うので、色が薄くなってもまだらにみえることがありません。

4D技法の注意点

4D技法は高いテクニックが要求されるため、行っているところが少ないというデメリットがあります。もう1つ、4D技法で注意したいのが、施術時間です。

2つの技法のアートメイクを組み合わせる4D技法は、最も施術に時間がかかる技法でもあります。皮膚に針を刺していくアートメイクには、少なからず痛みを伴うものです。、施術時間が長くなれば、その分痛みを感じる時間も長くなります。痛みに弱い人は、施術に麻酔を使えるクリニックを選ぶとよいでしょう。

料金が安いアートメイクは3D?4D?各平均相場を解説


アートメイクの技法を受けるうえで、料金について気になっている人もいるでしょう。サロンやクリニックの中には、アートメイクの施術部位ごとに料金を設定していますが、中には、技法ごとの料金が異なることも。ここでは、サロンやクリニックのアートメイクの技法の費用の相場について説明します。

グラデーション技法の相場は7~10万円

一般的なアートメイクであるグラデーション技法の相場は、いくつかの技法の中でも料金や安く設定されている傾向があります。

3D技法の相場は11万円

手彫りで眉の毛並みをていねいに入れている3D技法は、グラデーション技法よりもやや高めになる傾向があります。

4D技法の相場は13万円

グラデーション技法と3D技法を組み合わせた4D技法は、眉のアートメイクの中でも最も高くなる傾向があります。

なお、多くのサロンやクリニックでは、2回目やリタッチの料金が通常よりも安い料金で行っています。アートメイクの施術は2回以上の施術やリタッチが必要になるので、合わせて確認するようにしましょう。

場所ごとに3D技法と4D技法の意味合いが違うことも

アートメイクを受けるときに注意したいのが、技法のないようです。アートメイクを行っているサロンやクリニックによっては、「3D」「4D」という言葉を使っているものの、独自の意味合いで使っている所もあります。

たとえば、毛並みを手入れるために3D技法を選んだのに、特定のサロンやクリニックでは、グラデーション技法のようにパウダー眉のような仕上がりとなることも。また、4D技法では眉の毛並みのみを再現するといったものです。

サロンやクリニックでアートメイクを受けるときは、技法の名前だけでなく、施術内容や仕上がりについても確認することが大切です。

アートメイクで皮膚に入れた色素は、年月をかけて薄くなるものの、一日一夜で薄くなるのものではありません。よく確認せずに、「グラデーション」「3D」「4D」といった言葉だけで、技法を選ばないように注意しましょう。

眉のアートメイクを受けるのなら、クリニックがおすすめ

眉のアートメイクはサロンでも広く行われている施術です。一方で、アートメイクの3D技法や4D技法は、繊細なタッチが必要であるため、高い技術力を要求されるものです。アートメイクのように皮膚に針を入れる行為は、そもそも医療行為です。これは、サロンのスタッフのように医療資格のない人は、本来アートメイクを行うことが禁止されていません。

実際に、サロンのアートメイクの仕上がりが不自然になったり、肌トラブルが生じたりするなどして、問題も出ていきます。納得のいくアートメイクを受けたい人は、クリニックで医療資格者によるカウンセリングをしっかり受け、施術をしてもらうのが安全です。

まとめ

サロンやクリニックで行っているアートメイクの技法には、グラデーション技法・3D技法・4D技法などいくつか種類があります。眉のアートメイクは、施術を受けた技法によっても、仕上がりが大きく異なります。

眉のアートメイクを受けるときは、それぞれの技法の特徴を理解したうえで、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

特に繊細な技術が必要なアートメイクの技法を選びたい時は、専門クリニックがおすすめです。