アートメイクのぎもん

眉のアートメイクの痛みはどのくらい?アートメイクの痛みはどのくらい?おすすめの施術法は?

近年、メイクの負担を軽くするとして人気を集めているアートメイク。アートメイクを施す部位にはいくつかありますが、女性の間で人気があるのが眉毛への施術です。眉毛のアートメイクを検討している人の中には、施術時の痛みについて心配している人も多いのではないでしょうか?この記事では、眉毛のアートメイクの痛みの特徴や、痛みを和らげるためのポイントについて紹介します。

眉毛のアートメイクはどんな痛み?

アートメイクは、皮膚の浅い部分に針を使って色素を入れていくことで、眉毛など希望の場所に自然な色合いを出す施術のことをいいます。アートメイクでは皮膚に直接針を刺すので、痛みをともないます。具体的にどのような痛みかというと、毛抜きでムダ毛を抜くような痛みに近いといえます。

アートメイクの痛みは施術を受ける場所によっても異なる

日本で先駆けとなったのが、サロンで行われるアートメイクです。もう1つアートメイクを受けられる場所が、医療機関です。最近では、アートメイクを行うクリニックも増えて、より安全に施術を受けられるようになりました。

クリニックのアートメイクでは、施術による痛みを抑えるために、麻酔クリームを使って施術を行います。眉毛のアートメイクで痛みが心配な人は、サロンではなく医療機関のアートメイクを検討してみるのもよいでしょう。

麻酔をしていても痛みを感じることがあるので注意!

施術時に麻酔を受けられるクリニックのアートメイクですが、麻酔をしていても痛みを感じることがあります。麻酔の効果の現れ方には個人差があるため、施術前に麻酔をしても、最初は痛みを少し感じることがあります。

多くのクリニックでは、患者さんの負担を軽くするために、施術中に麻酔クリームを重ねていくので、だんだんと痛みを感じなくなるのがふつうです。一方で、アートメイクの施術中に強い痛みを感じたら、遠慮せずにスタッフに伝えるようにしましょう。

アートメイクの痛みを抑えるならマシン彫りがおすすめ

アートメイクの痛みに影響を与えるのが、施術の方法です。アートメイクには、主に手彫りとマシン彫りがあります。2つの施術方法にはそれぞれ特徴があります。痛みの程度をみながら、どちらの施術方法を選ぶか検討してみてください。

手彫りによるアートメイク

アートメイクの手彫りは、施術者が専用の器具を使いながら、手で1針1針色素を入れていく方法です。手彫りによるアートメイクは、サロンだけでなくクリニックでも行われています。手彫りは繊細な表現ができるため、ナチュラルな仕上がりになるのが特徴です。

一方、アートメイクの手彫りは、施術者の技術力によって左右される傾向があります。皮膚に針を入れる深さにムラができることがあるため、痛みが強くなることがあります。

マシン彫りによるアートメイク

マシン彫りは、専用の器具を使って、施術部位に自動で色を入れていく方法です。マシン彫りによる施術は、皮膚をなぞりながら、マシンの針先が連続自動で皮膚に色を入れていきます。マシン彫りはムラなく着色できるため、ふんわりとした雰囲気を出したいときにおすすめです。

マシン彫りによるアートメイクは針を刺す深さも一定で、施術時間も短縮できるので、、痛みを抑えられる方法です。

施術時への不安で痛みを強く感じることも

アートメイクの施術を受けるときに、最も大切となるのが、痛みについて心配になりすぎないことです。たとえば、体のどこかをケガしていても、楽しく過ごしていると、痛みを忘れてしまうことは、多くの人が経験しているでしょう。

反対に、不安や悲しみといったネガティブな気持ちは、痛みに敏感になりやすいことで知られています。特に、アートメイクの痛みについて強い不安を抱いていると、自分の意識がフォーカスされてしまい、痛みをより強く感じる可能性があります。

アートメイクの施術を受けるときは、心身をリラックスさせて臨むことが大切です。アートメイクの施術前は、体をゆっくり休めてベストコンディションで臨むようにしましょう。なお、施術の痛みに対して、大きな不安がある場合は、前もってスタッフに相談してみてください。

アートメイク施術後も痛みは続く

アートメイクの痛みに対して、施術による痛みを感じる人は多い一方で、施術後の痛みについて意識している人は、あまりいないでしょう。

アートメイクの施術当日は、アートメイクの施術中は麻酔が効いているため、眉毛の強い痛みを感じることはほとんどありません。施術後に麻酔の効果が切れると、眉毛周りにヒリヒリとした痛みを感じるようになります。これは、施術によって傷ついた皮膚が炎症を起こして、眉毛の周りの皮膚が赤く腫れ上がるためです。

一般に、眉毛のアートメイク後の痛みは、翌日頃まで続きます。クリニックのアートメイクでは、痛み止めの飲み薬を処方してくれるところもあります。アートメイク施術後の痛みが強い場合は、飲み薬を内服して経過をみるようにしましょう。

なお、アートメイク施術後の痛みがかなり強い場合は、なんらかの異常が起きている可能性があります。サロンで施術を受けたのなら、医療機関の皮膚科へ、クリニックで施術を受けたのなら、早めに診察してもらうようにしてください。

アートメイク後痛みを抑えるポイント

アートメイク施術後の痛みを抑えるには、自宅での過ごし方も大切になります。施術後に体温を上げると、皮膚の炎症が大きくなり、痛みや腫れがひどくなることがあります。激しい運動やお酒の摂取は、体温を上げる原因になります。

アートメイクの施術後当日は、運動やお酒は控えて、安静にして過ごすようにしましょう。また、入浴で湯船につかることも、炎症を大きくすることがあります。アートメイク施術後当日の入浴は、シャワーでさっとすませるようにしましょう。

なお、クリニックではアートメイク後にワセリンなどの塗り薬を処方することがあります。ワセリンは皮膚に油膜を張って、水を弾く効果があり、洗顔時に眉毛に塗るようにしましょう。アートメイク後に眉毛の痛みがなくなっても、クリニックから処方された塗り薬は使うことがおすすめです。処方された薬を使った方が、眉毛の色が定着しやすいというメリットがあります。

アートメイクをするのなら、サロンよりクリニックがおすすめ

皮膚に針を刺すアートメイクは、医療行為であり、サロンでの施術は認められているものはありません。ひと昔前まではアートメイクはサロンで行われるのが一般的でした。サロンでは医療資格のないスタッフによってアートメイクの施術が行われています。

また、施術も麻酔を使うことができないので、施術時の痛みが強くなる傾向があります。アートメイク後の眉毛は、皮膚が炎症を起こすため、痛み止めなどの薬が必要になることもあります。安全に、そして痛みを抑えて施術を受けるのなら、麻酔を使えるアートメイク専門のクリニックを検討してみましょう。

まとめ

眉毛のアートメイクは皮膚に針で色を入れていくいため、施術中に痛みを感じることがあります。眉毛のアートメイクの痛みは、施術方法や施術者のテクニックだけでなく、施術を受ける場所(サロンかクリニックか)によっても異なります。